リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「久しぶりの更新」 | トップページ | 「築地で最後の年の瀬」 »

2015年9月17日 (木)

「いよいよ名前が決定!」

築地の場外市場に建設が続いている「鮮魚マーケット」が「築地 魚河岸」という名称に決まったそうです。

場内市場が、豊洲に移転し、「東京都中央卸売市場 豊洲市場」という名称に決まったので、「築地 魚河岸」を名乗るのは、築地に残って営業される業者の方にとっては、もっともな名称だと思います。

という事は、豊洲は「豊洲 魚河岸」となるのでしょうか?

聞きなれないのでチョット違和感があります。

80年もこの地で営業してきて、「日本橋 魚河岸」の気風を受け継いできた築地市場は、メインの部分は「豊洲」に移りますが、新しい独自の「食の街」としてのスタートを切るのでしょう。

但し、卸売市場は「豊洲」であって、築地は「小売市場」という事になります。

小生の店は、場内でも場外でもないので、俯瞰して感じた事を書いてみますと、最初の移転話が起こった時、場内では現在地再整備が始まっていました。

工事用のスロープが勝どき門を入ったところから建設され、船着き場も拡大されました。

スロープは撤去されましたが、岸壁の屋根の上には取り付け道路の跡が今も残っています。

石原さんが都知事になって、「築地は、危なくて狭くて汚い!」というスローガンのもと、移転が決定していったような記憶があります。

小生は、東京都が築地の跡地を売りたいが故のスローガンだと思っていました。

何しろ当時、築地の跡地を売れば、豊洲移転と、建物まで建ててお釣りがくるぐらいの事を言っている人が、結構いました。

実際の所は、東京ガスの跡地は、土地の改良をしなければならないほどの、土壌汚染がひどい土地でした。

豊洲用地は、第二次世界大戦中は「化学工場」だったわけで、さまざまな化学実験が行われたそうで、色々な化学物質は、敗戦に伴って廃棄され、どこにどういうものがあるかなど、誰もわからない場所になってしまったそうです。

ですから、場内業者たちも、食品を扱う市場の移転先としては、どうしても納得ができない場所だったわけです。

反対運動が長引いて、都側との使いやすいレイアウトの話し合いが充分にされず仕舞で、水産業者の方からは、使いずらい形になってしまったという事をよく聞きます。

実際、水産棟と青果棟の間には環状2号線が平面で走っているので、行き来がとても不便です。

家賃も受益者負担が相当増えるそうで、真新しいフィールドができるのに、そこに明るさが見出しにくい場所になってしまっていて、なんとももったいない気がします。

千客万来施設も、業者の撤退で来年11月の、開場には間に合わないそうです。

また、移転時期にも問題がありそうで、11月ですと、すぐに暮れの商戦が始まるので、対応ができるかどうか不安な面もあるようです。

「築地 魚河岸」という施設の名称が決まったことで、チョット思った事を書きとめてみました。

« 「久しぶりの更新」 | トップページ | 「築地で最後の年の瀬」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561340/62295401

この記事へのトラックバック一覧です: 「いよいよ名前が決定!」:

« 「久しぶりの更新」 | トップページ | 「築地で最後の年の瀬」 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31