リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「京都のエスカレーター」 | トップページ | 「いよいよ、つきじ獅子祭」 »

2015年5月28日 (木)

「文字の面白さ」

商売でいろいろな文字を書いていますと、絶対に一生、この商売をしていないと出会わない文字を書くことがあります。

英検1級をお持ちの方なら、書いた事があるかもしれませんが、たとえば、

鹽竈」など、これは三陸の「塩釜」の旧字体です。

当然、お住まいの方はご存じでしょうが、ほかの人は見たことも聞いたことも無い文字でしょう。

お客様のご注文でこれを駒札に漆で書いた事があります。

値段は普通の文字と一緒でしたが、小生も書いた事の無い文字でしたので、形を取るのに何度か書きました。

もともと文字を書くのが生来好きなものですから、苦ではないので、どう書くと格好いいかを考えながら書いています。

また、「贔屓なども普通は見ないし、書くことも無いでしょう。これは、楽屋の「のれん」などで、贈り主を特定の名前を隠す時に使われる「ひいき」と読みます。

「御ひいき筋」などという時に使われます。

このように、漢字は本当に奥が深く、また難しいです。

文字を書く商売をしていても、また日本人でも難しい漢字ですから、「日本語」を勉強している外国人の方は、さぞ大変だと思います。

それでも、年々日本を訪れる、外国人観光客が増えるにつけ、彼らもとても興味があるようです。

ウチの店に来るガイジンさんも、漢字を「カリグラフィー」と言って、一種のデザインと考えているようです。

よく、アルファベットを漢字に「宛て字」として提灯などに書きますが、ウチではなるべくおめでたい字を書くようにしています。

それは、江戸文字にも言えることで、必ず縁起が良い文字に当てはめて書く日本の伝統があるからです。

つらつらと書きましたが、時々は、ペンを持って、せめて自分のお名前だけでも書いてみてはいかがでしょうか?

文字を書くのが、面白くなるかも知れませんよ!

« 「京都のエスカレーター」 | トップページ | 「いよいよ、つきじ獅子祭」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「文字の面白さ」:

« 「京都のエスカレーター」 | トップページ | 「いよいよ、つきじ獅子祭」 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31