リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「謹賀新年 2015」 | トップページ | 「ダイヤモンド富士」 »

2015年1月 2日 (金)

「初売り」と「お正月」

「初売り」というと、小生は1月2日からと、昔から決まっていたと思っていました。

「福袋」が盛んに一日から売り出されているニュースを見ます。

現代では、スーパーが一日(ついたち)から営業を行うようになってから、正月そっちのけで商売を始め、歳神様を迎える習慣がなくなって来てしまったのが、少し寂しいような気がします。

日本人の、正月を迎える「決まりごと」みたいなものが失われて行ってしまっているように思えます。

当然、昔から寺社は歳神様を迎える準備に追われ、年末から新年は大忙しです。それに伴って、関係者も休めません。

年が変わるのではなく、月がただ変わるだけのような正月の迎え方は、明治生まれの祖父母と成人するまで一緒にいた身としては、少々物足りなさを感じてしまいます。

それでも東日本大震災から、日本人の考え方が少しずつ変わって来ているように思えます。

若者が神社に初詣に行ったり、昔からのことを知って、外国人にも広めていっているように思えます。

日本を訪れる外国人がこの国を面白がっているのも、古来よりの歳時記が、ぎりぎりの線で守られているからなのではないでしょうか?

正月を迎えて、チョット感じたことでした。

« 「謹賀新年 2015」 | トップページ | 「ダイヤモンド富士」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「初売り」と「お正月」:

« 「謹賀新年 2015」 | トップページ | 「ダイヤモンド富士」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30