リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「蟹」 | トップページ | 「汐見地蔵尊」 »

2014年10月 6日 (月)

「両国界隈」

今年の東京場所が終わりました。

モンゴルの遊牧民出身の「逸ノ城」があっという間に話題をさらってしまいました。

2014oct1_022

両国に国技館が移転して来てもう20年以上経ちますが、2~3度行った事があります。

まだ、「パンアメリカン航空」があった時、アメリカ人の東京支店長が、千秋楽に優勝トロフィーを重そうに授与していたのを思い出しました。

地球儀に金色の羽根の生えたトロフィーで、いつもユーモラスなオジサンでした。その彼の最後の授与式の日に「旭富士」に渡したのを国技館で見た事を憶えています

先日、国技館の前を通ったら、「元大関霧島」がやっているちゃんこ屋の前にこんな力士のブロンズ像がありました。

2014oct1_010

もう結構前に造られたようですが、足元の台座には昭和の大横綱の手形が数多く埋め込まれていました。

2014oct1_018

双葉山の手形です。

この他にも有名な力士の手形がありました。

2014oct1_024

何度も車で通っていても今まで気づきませんでした。

今度は自転車か徒歩でこの辺りを散策してみようと思いました。

« 「蟹」 | トップページ | 「汐見地蔵尊」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「両国界隈」:

« 「蟹」 | トップページ | 「汐見地蔵尊」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30