リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「衣替え」 | トップページ | 「蟹」 »

2014年10月 4日 (土)

「出雲大社東京分祠」

六本木に出雲大社の「東京分祠」があります。

前からここら辺と言うのは知っていたのですが、来た事はありませんでした。

2014oct1_010_2

明日は、出雲大社御曹司の「千家国麿」さんと高円宮家次女の「典子」さんの結婚式です。台風が接近していますが天気が良いとイイですね。

2014oct1_002_2

もっと飾り付けなど盛り上がっているのかと思っていましたが、こちらの東京分祠は特段の飾り付け等は見かけませんでした。

2014oct1_004_2

都心の神社なので平屋ではなく3階が拝殿になっていました。

本家では拝殿の前の大注連縄が圧倒されますが、ここはあまり普通の神社と変わらないように見えました。

それでも参拝客は二礼四拍一礼の出雲独特の儀礼に則った参拝をしていました。

2014oct1_032

やはり、縁結びの神様なので、女性客がほとんどでした。

境内の絵馬も出雲の白兎の柄がありました。

2014oct1_022_2

こちらは縁結び用なのでしょうか?

2014oct1_024_3

こちらは大注連縄です。

2014oct1_020_2

十月は出雲以外は「神無月」と言われていますが、ここはどうなんだろう?と素朴な疑問が湧きました。

東京にあっても出雲大社の分祠なので「神在月」で神様がいらっしゃるのでしょう。

たまたま仕事の後に訪ねましたが、やはり出雲大社の東京分祠、何か運気が湧いてくるような感じがして、朱印帳を求めて「御朱印」も頂いて来ました。

2014oct1_014_2

たまたま出雲大社の一大イベントの前の日だったので、なんとなく清々しい気分になった出雲大社東京分祠でした。

« 「衣替え」 | トップページ | 「蟹」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出雲大社東京分祠」:

« 「衣替え」 | トップページ | 「蟹」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30