リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「九月の異称」 | トップページ | 「上野駅の思い出」 »

2014年9月 2日 (火)

「市場の表情」

午後の市場はのんびりとした時間が流れているようです。

201309no3_004

9月に入りましたが、どうも静かで困ります。

買い出し人が築地からは明らかに毎年減少しているようです。

以前は朝8時に茶屋(買荷保管所)から出発するトラックが出るまでは多少賑やかでしたが、今では7時を過ぎると静かになってしまうようです。

20139_no3_012

安倍さんが「アベノミクス」を唱えて、景気が上向いているという報道が、築地ではまるでよその国の事を言っている様な気がします。

移転を2年後に控え、色々な事が新たに決定しているようですが、場内の知り合いから聞くと、不安ばかりで、皆あまり希望を持っていない事が気になります。

本来であれば、広い豊洲に移転するので、もっと希望や期待を持っていると思いきや、負担の増加や客離れを危惧している事が主な要因です。

築地は交通の便がとてもいいですし、銀座からも近いので、当然の事かとも思います。

築地場内は外国人観光客が多く訪れているので、一見賑やかですが、朝のマグロのセリの見学と、寿司や海鮮丼を食べにくるのが目的で、本来の業務の目的の市場とは違う物になってしまっています。

外から見ているとこのままだと、豊洲に移転しても、この土地が再開発されるだけで、市場が明るい未来があるとは到底思えません。

場外市場でも新たな取り組みを始めていますが、場内あっての場外市場ですから、新たな「鮮魚マーケット」に期待されるのも当然だと思いますが、どうなって行くのでしょう。

静かな9月の始まりを見て強く思いました。

« 「九月の異称」 | トップページ | 「上野駅の思い出」 »

場内市場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「市場の表情」:

« 「九月の異称」 | トップページ | 「上野駅の思い出」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30