リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 神輿の「駒札」 (こまふだ) | トップページ | 「能楽金春祭り」 (のうがくこんぱるまつり) »

2014年8月 3日 (日)

「鉄道模型ショー」 in MATSUYA GINZA

銀座の「松屋」で毎年恒例の「鉄道模型ショー」行なわれています。

もう36回目と言う、結構な歴史がある夏休みのイベントです。

2014aug1_165

小さい子供からオジサンたちまで、多くの入場者があるようで、小生も近くなので、見に行って来ました。

今年は、東海道新幹線が開業して50周年と言う事で、Nゲージメーカー各社の歴代の新幹線模型がずらりと並んでいました。

2014aug1_073

ドクターイエローは子供達に大人気です。

2014aug1_071_4

ママ鉄と呼ばれる小さな子供を連れた「ママ友」も大勢いました。

2014aug1_033


小生の子供時代は、0系と呼ばれた新幹線電車が一種類あっただけだったので、この様に多くの形式の新幹線を見ると、改めて時代の変遷を感じます。

もっぱら小生の世代は「国鉄」なので、JR物は良く分かりませんが、今頃になって、蒸気機関車を方向転換する「ターンテーブル」(転車台)の製品が出てきたり、SLもスケールモデルで出てきたり、興味が湧く製品もありました。

2014aug1_057

昭和40年代、Nゲージは「おもちゃ」としかとらえていなかった製品群でしたが、プラスティック加工技術の進歩で、スケールダウンしても本物にそっくりな再現性の製品も出て来ています。

もう「おもちゃ」とは言えない価格ですし、精密にできているので、製品対象年齢が中学生くらいにまでなってしまいました。

2014aug1_041

友人がこの原型を作っているので、それも見て来ました。

やはり、我々の世代は、都会のビルの中の「鉄道」よりも、野山や海辺の風景にマッチした「鉄道風景」が落ち着きます。

2014aug1_156


「こんなジオラマが作れたらいいのに。」といまだに思っていますが、最近目が悪くなって来ているので、仕事以外は「目を使う事」が億劫になって来ています。

2014aug1_119

それでも年に一度のこのショーは見ていて面白いので、自分でもこの情景を作る事を夢見て、また来年も行くでしょう。

« 神輿の「駒札」 (こまふだ) | トップページ | 「能楽金春祭り」 (のうがくこんぱるまつり) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄道模型ショー」 in MATSUYA GINZA:

« 神輿の「駒札」 (こまふだ) | トップページ | 「能楽金春祭り」 (のうがくこんぱるまつり) »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30