リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「草市」 (くさいち) | トップページ | 「勝ち虫」 (かちむし) »

2014年7月15日 (火)

佃島の「念仏踊り」

この時期になると、佃で「念仏踊り」とも呼ばれる「佃島盆踊り」が行なわれます。

どこの地域にもある「盆踊り」と違って、静かな哀愁漂う踊りです。

2014jul3_016

隅田川寄りには、無縁仏を祀ってあります。

新暦の「盆の入り」から三日間、まず子供達の踊りから始まり、暗くなって7時を過ぎると、休憩をはさんで、9時頃まで大人の踊りが始まります。

今年はおとといの日曜から、今日までの3日間です。

会場の中心には、小さい櫓が一つあって、鳴り物は太鼓が一つ、それに撥(ばち)も一本で、御詠歌の様な歌を歌いながら、ひとり座って太鼓をたたきます。

2014jul3_076

櫓の周りの子供達も、調子を合わせて踊ります。

2014jul3_108

無縁仏や、先祖の霊を慰めるように厨子も置いてあります。

ここを訪れる方は、決まって拝んで供養されているようです。

2014jul3_146

子供達も親と一緒に手を合わせていました。

この様に、町衆が無縁仏の為に盆踊りを行なっているのは、全国的にも珍しく、東京都の無形民俗文化財に指定されています。

地元のの佃島小学校の子供達も、この伝統を守るように、学校で踊りを練習しているそうです。

この盆踊りの縁起を知ると、どことなく哀愁を帯びた歌声が、本来の意味での仏の供養をしたのが「盆踊り」の起源だと、改めて思います。

2014jul3_012

若いうちは、何となく暗く、気味が悪いように思っていた時もありましたが、歳を取って行くうちに、それが琴線に触れる有難い伝統だという事を感じさせてくれるように思いが変わります

この伝統を守って行く、保存会の方々のご苦労もいかばかりかと思います。

« 「草市」 (くさいち) | トップページ | 「勝ち虫」 (かちむし) »

季節感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佃島の「念仏踊り」:

« 「草市」 (くさいち) | トップページ | 「勝ち虫」 (かちむし) »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30