リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「夏本番」 | トップページ | 「居留地中央通り」の看板 »

2014年7月29日 (火)

「土用の丑」

何かと話題の「うなぎ」ですが、今日は「土用の丑」の日でした。

2014jul9_016

江戸の「コピーライター」と呼ばれる「平賀源内」が作ったとされています。

「夏」と「うなぎ」を結びつけ、江戸の人たちの心を惹きつけた、ある意味「強引な押し出しの賜物」と感じられるこの「キャッチコピー」は秀逸だと思います。

もともと「うなぎ」は、秋から初冬が脂が乗って美味しいとされていますが、やはり「醤油」の存在が何より大きかったのは間違いないと思われます。

2014jul9_026

炭に落ちた醤油とうなぎの脂の香ばしい香りが夏の食欲をそそったのでしょう。

似たような物に「恵方巻き」がありますが、関西地方で元々あった習慣を関東にも持って来て、全国レベルまで認知度を上げた「コンビニ、スーパー業界」の努力かもしれませんが、「土用の丑の日」ほどにはならないでしょう。

なにはともあれ、この習慣は「長いものに巻かれろ」で、やはり一口でも食べたいと思わせますね。

« 「夏本番」 | トップページ | 「居留地中央通り」の看板 »

季節感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「土用の丑」:

« 「夏本番」 | トップページ | 「居留地中央通り」の看板 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30