リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「日枝神社、下町連合渡御」 | トップページ | 「市場線の機関車」 »

2014年6月16日 (月)

「下町連合」で見た物

昨日に続き、日枝神社の話題です。

2014jun6_005

神輿小屋の中の「錺(かざり)提燈」です。

右が「ろ組」、左が「日本ばし」と書いてあります。

「む」みたいな字に点々は「そば屋」の「のれん」でも見かけますが、これは「者」と言う字の崩し字で「は」と読み、点々が付いているので「ば」と読みます。

ですから、「日本ばし」と読める訳です。

また、行列にはおしゃれな人もいました。

2014jun6_075


アイビーの草分け「VAN」の半纏を着ていた人が、「大紋」は「ヴァン」をひらがな、腰から下げた「煙草入れ」と、帯に挟んだ根付けや手拭も「VAN」で連れの人も「VAN」でした。

2014jun6_091

凝っているので、シミジミと見てしまいました。大紋も「番」です。

こんな形のコーディネートもあるものなんだと思いました。

2014jun6_015


やはり祭のもう一つの見どころは、「御神酒所」と「御仮屋」の設え(しつらえ)があります。素朴に見えますが、よく見ると、屋根の作りはさりげなく凝っています。

作る仕事師のセンスと力量が形に出ます。

2014jun6_013

最近はテントで代用している所が多く、この様なお仮屋を見る事もなかなかできなくなりました。

以前も書きましたが、地元波除さんの氏子五町会はすべてが仕事師の手作りです。

「江戸絵巻」の行列も見る事が出来て、とても良い「山王祭」でした。

2014jun6_081


来年は「神田祭」です。魚河岸の「加茂能人形山車」も参加するそうですので、今から楽しみです。

« 「日枝神社、下町連合渡御」 | トップページ | 「市場線の機関車」 »

お祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「下町連合」で見た物:

« 「日枝神社、下町連合渡御」 | トップページ | 「市場線の機関車」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30