リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「つきじ獅子祭」2014 その4 | トップページ | 銀座「熊谷稲荷神社」 »

2014年6月 9日 (月)

「波除さんの大神輿」

「つきじ獅子祭」が無事終わりました。

明日6月10日は、神社の大祭日なので「大祭式」が行なわれます。

宮神輿について少し触れたいと思います。

2014jun3_020

この宮神輿は、昭和2年(1927)のお披露目ということになっているので、今年で創られてから、87年と言う事になります。

2014jun3_026

大神輿の「胴」の部分の「錺(かざり)柱」はなかなか真似のできない精緻な細工が施されています。

関東大震災で、それまであった神社の「獅子頭」が焼失して、各町内の獅子頭も同じく焼失してしまったそうです。

Photo

大正期、小田原町2丁目(現、築地6丁目東)にあった「龍虎の獅子頭」。

                              (京橋図書館資料より)

たまたま修理に出してあった、ある町内の「獅子頭」が一対だけ災禍を逃れ、波除さんの本殿に飾られています。

当時の人たちが資金を出し合って作ったのが今の大神輿で、神田にあった「宮惣」の作です。

築地4丁目と6丁目東の町内神輿も「宮惣」の作です。

現在の「宮惣」は直系では無く、関係の業者さんが「宮惣」を継いでいます。ですから、ベースの作りは大体同じと思えます。

再建なった大神輿のお披露目は、もっと早く行なわれる予定だったそうですが、大正天皇の「崩御」により大正2年に延期されたそうなので、公式には昭和2年作となっている訳です。

2014jun3_022_2

まだまだ現役の大神輿です。

87年も経っているとは思えないくらい立派な「神輿」です。

2014jun3_034

これからも築地の「華」であり続けてもらいたいものです。



« 「つきじ獅子祭」2014 その4 | トップページ | 銀座「熊谷稲荷神社」 »

お祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「波除さんの大神輿」:

« 「つきじ獅子祭」2014 その4 | トップページ | 銀座「熊谷稲荷神社」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30