リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「つきじ獅子祭」 2014 | トップページ | 「居留地中通り?」についての独り言 »

2014年6月 1日 (日)

「京橋大根河岸生誕350年」

今月、京橋に「大根河岸」が生まれて350年が経つそうで、記念の行事が行なわれるそうです。

「大根河岸」は築地市場の青果部の前身です。

201308_no2_108

大根河岸の歴史は古く、徳川4代将軍「家綱」の時代、寛文年間(1661~1673年)まで遡るといわれています。

元々は、数寄屋橋あたりにあったそうですが、その後京橋に移転、昭和の初めまで「京橋大根河岸」と称し、秋葉原にあった「やっちゃば」に続く規模だったそうです。

S40121

京橋川の埋め立ての頃。中央左角が現在の銀座一丁目交番。

昭和40年(1965) (中央区フォトギャラリーより)


川の利を活かし、各地から青物が船で運ばれて来ていました。

当時は、最近見直されている、亀戸大根・練馬大根・小松菜・東京うど・滝野川牛蒡・品川蕪・千寿葱・寺島茄子・馬込人参・内藤南瓜・早稲田茗荷等々の江戸野菜が所せましと商われておりました。

「地産地消」の原点です。

その後、関東大震災を経て、昭和10年(1935年)中央卸売市場が築地に開設されたのを機に移転し、当時の問屋集団が卸売会社を結成して、今日の市場取引の基礎を築いたそうです。

201308_no2_114


来週には350年記念の行事も予定されているそうです。

再来年に青果部も豊洲に移転しますが、江戸に生まれた「大根河岸」は「魚河岸」と共に、また新しい歴史が開かれるようです。

« 「つきじ獅子祭」 2014 | トップページ | 「居留地中通り?」についての独り言 »

銀座あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「京橋大根河岸生誕350年」:

« 「つきじ獅子祭」 2014 | トップページ | 「居留地中通り?」についての独り言 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30