リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 仮題「Tsukiji Wonderland」(ツキジ ワンダーランド) | トップページ | 「つきじ獅子祭」2014 その2 »

2014年6月 5日 (木)

「あの事件」から4半世紀

昨日は、北京で起こった「天安門事件」から25年の節目の日でした。

事件については諸説語られているようですが、この事実を知らない世代が多くなっている事は確かです。

たまたまこの時期に、身内が北京師範大学に通っていて、その推移を心配しながら見つめていました。

小生はその年の2月の春節に北京旅行に行っていたので、周辺の地理が分かっていました。

学生運動の中心が北京大学や北京師範大学だったので、だんだん変化して行く状勢に身の不安を感じながら、大学内の寄宿舎にいたようです。

ルームメイトのオーストラリア人はいち早く大使館員が迎えに来て、退去するように勧告され、荷物をまとめて出て行ったそうです。

日本大使館からはその様な指示は無く、身の危険を感じて日本の友達と自主的に移動していました。

近隣の安宿を点々としながら日本大使館との連絡が付いてそのままもう、大学の部屋に帰る事無く、救援機で帰国しました。

事態が収まれば、部屋に帰れると思って出て来ていたので、北京の思い出は、中国内の旅行の写真だけでした。

当時は携帯電話など普及していませんでしたから、連絡はこちらからの電話のみで、向こうからはほとんどかからなかったので、日本の家族にはこちらから安否を伝言していました。

学生の間には、色々な情報が錯綜していて、日本の情報のみを信じていたようです。

日本のニュース映像では、相当生々しい物が流れていたので、却って不安を煽ってはいけないので、冷静に中心部から離れるようにと連絡していました。

もう、それから4半世紀が経ち、中国は飛躍的に近代化しましたが、政治は客観的に見てもそう変わっていないように見えます。

あの頃は、長安街ものんびりしていて、自転車と人民服を着ている人たちが多くいて、車道に麻雀台や卓球台を出して年寄たちが楽しんでいた事を思い出しました。

激動の25年間の変遷ですね。

« 仮題「Tsukiji Wonderland」(ツキジ ワンダーランド) | トップページ | 「つきじ獅子祭」2014 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あの事件」から4半世紀:

« 仮題「Tsukiji Wonderland」(ツキジ ワンダーランド) | トップページ | 「つきじ獅子祭」2014 その2 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30