リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「おはよう日本」 | トップページ | 「下町連合」で見た物 »

2014年6月15日 (日)

「日枝神社、下町連合渡御」

日枝神社の本大祭が行なわれました。

今年は江戸消防記念会の多くの頭連中が行列の先頭を歩き「木遣り唄」で祭礼を盛り上げる趣向で、参加者も見物人も暑さで大変でした。

2014jun6_003

日枝神社の「山王祭」と神田神社の「神田祭」は一年おきに交互に「本大祭」が行なわれます。

「下町連合」という今年の一大行事は、江戸消防記念会の「ろ組」を中心に「せ組」「も組」「百組」の地元の頭と周辺の組頭をはじめとする連中が行列の先頭に立ち、「木遣り唄」を歌いながらの巡行となりました。

2014jun6_061

すげ笠をかぶった姿は浮世絵の「絵巻物」を連想させるような一大行列で、後ろに続く、神輿の先導役として華を添えていました。

2014jun6_067

第一区だけではなく、助っ人の各区の頭連中も行列に参加していました。

2014jun6_045

日本橋高島屋の前には祭の軒提燈が沢山飾られていて、華やかな風情でした。

因みに、日本橋の橋の上で神田神社と日枝神社の御神域が分かれるので、日本橋三越は「神田神社」の氏子と言う事です。

「下町連合」は今回の規模の物は初めてだそうで、これからもこんな祭になって行くのだろうなと思う様相でした。

2014jun6_087

猿田彦も行列に加わっています。

2014jun6_085_2

「天下祭」と言われるのにふさわしい列立てです。

2014jun6_115

お囃子の屋台も沢山出ていました。

2014jun6_109

日枝神社は赤坂にあるので、その御神域はとても広いので、「下町連合」という形で、西銀座から日本橋の袂までの各町会が揃って参加していました。

天気も良すぎるくらいの晴天で、参加者も大汗をかいていました。

この様な盛大な祭は、見ていてとても楽しい祭でしたが、やはり主催者側としての祭より、部外者として見る「祭」は本当に楽しいと思いました。







« 「おはよう日本」 | トップページ | 「下町連合」で見た物 »

お祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日枝神社、下町連合渡御」:

« 「おはよう日本」 | トップページ | 「下町連合」で見た物 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30