リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「牡丹文字と角字」の「楽屋のれん」 | トップページ | 銀座一丁目の「新しいビル」 »

2014年6月30日 (月)

「日本橋川」

日本橋の下を流れているのが「日本橋川」です。

水も以前より綺麗になって、小型の遊覧船も運航するようになりました。

2014jun6_018

土日などは、お客さんで一杯のようです。

高速道路が上を通っているので、折角の日本橋の意匠が台無しになっています。

2014jun6_037

築地に「魚がし」が来る前には、このほとりに一大「魚市場」が広がっていました。

今では、石碑と銘板が残っています。

2014jun6_033

「日本橋魚市場発祥の地」の石碑です。

2014jun6_039

中央区が建てた看板もあり、当時を少しうかがい知る事が出来ます。

日本橋川は海運で栄え、ここで魚を荷揚げしていたので、江戸橋から日本橋までは、さぞ賑やかな町だったのでしょう。

今でも日本橋は再開発プロジェクトが進んでいて、「コレド室町」などもできて、新たな時代を迎えようとしているようです。

2014jun6_036

日本橋から、三越方面を見る。その奥が「コレド室町」のビル。


しかし、やはり邪魔なのは「橋の上の高速道路」です。

昭和39年(1964)の東京オリンピックを目指して、突貫工事で作った道路でしたが、老朽化も進み、インフラの再整備が叫ばれています。

本当に、撤去できたら「日本の起点」の道路元標も生きて来ます。

しかし、川の方は遊覧船も通り、隅田川まで出る事もできるようになりました。

江戸橋から茅場町、新川を抜けて、「豊海橋」をくぐれば隅田川です。

2014jun8_010

日本橋川の出入り口の「豊海橋」で、手前が隅田川です。永代橋から撮影しています。

2014jun8_012

小型の船ですから、沢山乗船していると、波で結構揺れるようです。

それでも今まで、海運関係者しか眺められなかった景色を、手軽に味わう事が出来るようになったので、一度は乗って見たいと思いますし、船からの景色も眺めて見たいと思います。

大型の遊覧船では、波の影響を感じる事はあまりありませんが、一緒に「揺れ」も体験してみたいと思いました。

« 「牡丹文字と角字」の「楽屋のれん」 | トップページ | 銀座一丁目の「新しいビル」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日本橋川」:

« 「牡丹文字と角字」の「楽屋のれん」 | トップページ | 銀座一丁目の「新しいビル」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30