リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「采女橋」 (うねめばし) | トップページ | 「江戸文字」に思うこと »

2014年4月14日 (月)

「文字と絵」

展示会で「水波」(すいは)という作品も書きました。

2014aprno2_006

特に意味のある言葉ではありませんが、水に因んだ言葉と言う事でこれを選びました。

今回の展示会では、小生が先に文字を提供してから、それを基にイラストレーターの方がイメージされる絵を描いて行くという工程をとったので、でき上がって来るまではワクワクしていました。

2014febno4_035_2

これが原画です。

でき上がってから輪郭線の色を決めて、仕上げます。

2014aprno2_012

「鮃」(ひらめ)が網にかかっているイメージだそうです。

小生が書いた文字にイラストを入れて頂いたので、どうしても文字を最初に探してしまいましたので、何となく違和感があったのは正直な感想でした。

2014aprno2_014_3

「水」と牡丹文字で書いてある部分。

しかし、展示が進んで行くうちに、色が付いている「絵」として見えるのは当然なので、何となく「絵」として見ていたら、なんか文字が書いてあり、それが読めた時の感じは面白いと思うようになって来ました。

2014aprno2_016

「波」と書いてある部分。

立場立場で、コラボ作品を見る見方が違うと、見え方まで変わって来るのが面白いと思いました。

小生が普段、仕事として書いている色々な文字は、あくまで商品を作る上での一過程の「原稿」という部分だと思っていましたが、この様にイラストが入る事により、「原稿」が「作品」に変わって行くのが、不思議な気がしました。

また、機会があったらやって見たいと思います。

« 「采女橋」 (うねめばし) | トップページ | 「江戸文字」に思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「文字と絵」:

« 「采女橋」 (うねめばし) | トップページ | 「江戸文字」に思うこと »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30