リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「大入叶」 (おおいりかのう) | トップページ | 仮称「隅田川橋梁」 その2 »

2014年4月22日 (火)

仮称「隅田川橋梁」

昨日、橋梁部分の据え付けが始まりました。

大型のサルベージ船が築地側に取り付けられる橋桁を吊り下げて、隅田川に現れました。

2014aprno7_018

本当に、「デカイ!」です。

深田サルベージというこの業界では超有名な会社の「富士」と言う起重機船で、船体は長さが105m、幅が46m、深さが8mもあり、巻上げ能力も30°の角度で400トン、70°ではなんと、3,000トンも持ちあげられるスゴイ船でした。

2014aprno7_028_2

こんな大きな構造物を、いとも軽々と吊るしている驚きと、寸分の狂いも無く据え付ける技術がとても信じられないくらいの事でした。

2014aprno7_010

こんな光景をあと2回見る事が出来ます。明日は勝鬨側の橋桁を、同じ様に据え付けて、5月7日には中央部分のアーチ型の橋桁を据え付けるようです。

製造は、地元ゆかりの「I H I」が担当しているようです。

2014aprno7_022

吊り下げたまま止まっているだけでも、威圧感がすごくあって、よくこんなデカイ物を運んで来たなと言う感じでした。

「富士」は吊り下げたままレインボーブリッジをくぐれないので、豊洲あたりに組み上げて台船で持ってきた「橋桁」をそこで吊り上げてからここまで持って来たようです。

昼からは据え付け作業が始まって、13時半頃にはもう土台に乗っていました。

2014aprno7_046_2

勝鬨橋上から見た「富士」。

橋梁部分が据え付けられてしまうと、先ほどの様な威圧感は全く無くなり風景に道路は溶け込んでしまっていました。

2014aprno7_054


東京タワーを入れ込んで撮って見ましたが、また新しい東京名所の出現の瞬間を目の当たりにして、何となく「ラッキー」な感じがしました。

中央部分の据え付けの時にも見に行こうと思います。

« 「大入叶」 (おおいりかのう) | トップページ | 仮称「隅田川橋梁」 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮称「隅田川橋梁」:

« 「大入叶」 (おおいりかのう) | トップページ | 仮称「隅田川橋梁」 その2 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30