リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「横浜中華街あたり」 | トップページ | 「江戸文字」のはなし 1 »

2014年3月 5日 (水)

「お座敷新幹線」

山形新幹線に、この夏から新幹線の「お座敷列車」が走るそうです。

Photo

(JR東日本発表写真より)


「とれいゆ」と言って、E3系(元、秋田新幹線「こまち」でも走っていた車両)の改造車だそうです。

福島~新庄間を走るそうで、6両編成で掘りごたつの車両や、足湯の付いた車両もあるそうです。勿論普通の座席の付いた車両も1両、東京寄りの先頭車に連結されるそうです。

Photo_3

掘りごたつ式のお座敷車両、「湯上りラウンジ」 (JR東日本発表写真より)

Photo_4

足湯車両、「新庄寄りの先頭車」 (JR東日本発表写真より)

Photo_6

バーカウンターもあって、「新幹線=速さ」ではない「旅」を感じられる車内設備になりそうです。 (JR東日本発表写真より)

「お座敷列車」というと、畳敷きでカラオケが付き物の、「貸切団体列車」のイメージがありますが、この新幹線には、カラオケは付くのでしょうか?

定員は143名と言う事ですから、ゆったり乗れそうです。

Photo_7

「とれいゆ」のシンボルマーク (JR東日本発表写真より)

当然、「農協の貸切列車」にもなるでしょうし、「同窓会」や「披露宴」や「会社の慰安旅行」にも使えて面白いでしょう。

Photo_5

「とれいゆ」の客室 (JR東日本発表写真より)

「北海道新幹線」もできるので、東京駅から貸し切りの、「相撲の巡業」にも持って来いかもしれません。

在来線が、新幹線の開通でローカル路線ばかりとなって、都市から地方への直通の魅力が無くなる中、面白い企画列車だと思いますが、足湯の「お湯」は「衛生面」ではどうなるのでしょうか?

けれども、結構楽しみな新幹線です。

また、今年は「山形」の観光キャンペーンに合わせて、従来の「山形新幹線」も紫色にリニューアルされるそうです。

Tsubasa1


「つばさ」に導入されるE3系 (JR東日本発表写真より)

シンボルマークも付くようで、

Tsubasa2

この4種類があるそうです。 (JR東日本発表写真より)

岩手には、SL C58が復元されて走るそうですし、青森では、「レストラン列車」も走っていて、まるで、国鉄末期のような、改造車が色々とできた時と似ている様な気がします。

当時とは、社会情勢も違うので、一概には何とも言えませんが、移動する手段としての「人の輸送」では無く、「旅」という物を楽しむ傾向になってきたのは、嬉しい事です。

「旅情」という言葉と感覚が、鉄路にも戻って来るといいですね。

« 「横浜中華街あたり」 | トップページ | 「江戸文字」のはなし 1 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「お座敷新幹線」:

« 「横浜中華街あたり」 | トップページ | 「江戸文字」のはなし 1 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30