リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「水神様の神輿蔵」 | トップページ | 「横浜中華街あたり」 »

2014年3月 3日 (月)

「桃の節句」

今日は、重陽の節句の内の「桃の節句」です。

2014marno2_090

年に一度の事ですが、なかなか出し入れもたいへんになってきました。

娘が生まれて来た時の初節句に思いを巡らせ、何とか毎年出しております。

2014marno2_080

お内裏様

2014marno2_082_3

お雛さま。

ウチには、娘が二人おりますので、姉が親王飾りで、妹が立ち雛です。

出してみると、華やかになっていいものですし、木目込みの姿が見ていて飽きません。

他にも郷土玩具の様なお雛様もあり、愛嬌のある顔立ちをしています。

2014marno2_024

これは、こけし作者のお雛様で、三人官女や五人囃子も揃い踏みになっています。

2014marno2_056_2


娘たちが生まれた頃には、近所の方が、お祝いに「犬張り子」などを頂いたりしました。

ひなまつりを迎えると、ようやく春が来たという感じがします。

やはり、お雛様を飾ると明るく華やかになるので、年に一度は出さなくてはと改めて思いました。

皆さまの家ではどうでしょうか?

お節句が過ぎると、片付けの日取りが気になってきますが、、、。





« 「水神様の神輿蔵」 | トップページ | 「横浜中華街あたり」 »

季節感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「桃の節句」:

« 「水神様の神輿蔵」 | トップページ | 「横浜中華街あたり」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30