リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« やっと見つけた物 「at 歌舞伎座」 | トップページ | 「大提燈の底」 »

2014年2月 3日 (月)

「江戸東京博物館」

大浮世絵展を見に、「江戸博」に行って来ました。

2014janno6_208

中は撮影禁止なので、残念ながら画像はありません。

久々に行きましたが、最近の博物館は、企画によって凄い人出で、開館してすぐに入場しましたが、もう大勢の人で、企画展の部分だけでも見るのに2時間くらい掛かりました。

2014janno6_014


本物は、やはり違います。

素人の小生が見ても、以外に細い輪郭線と、絵師だけではなく、彫師の技量が物凄く出来を左右しているのかが分かります。

誰でも知っている、「見返り美人」、「月に雁」や、「東海道五十三次」、「富嶽三十六景」など、印刷物や商業作品ではお馴染みですが、色の具合とか、実際の大きさなど、現物を見ると、江戸期の町人文化がいかに世界的に見ても優れていたかを知る事が出来ます。

2014janno6_214

常設展も見ましたが、いつもながら良くできていると思います。

2014janno6_022

江戸の町並みから、近代までゆっくり見ると一日では物足りません。

2014janno6_067

こんな日本橋の様子や

2014janno6_166

浅草の全盛期の様子など、精巧なミニチュアが当時を表現しています。

2014janno6_210_4

今度は、常設展もゆっくり見て来たいと思いました。

 

« やっと見つけた物 「at 歌舞伎座」 | トップページ | 「大提燈の底」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「江戸東京博物館」:

« やっと見つけた物 「at 歌舞伎座」 | トップページ | 「大提燈の底」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30