リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「雛のつるし飾り」 | トップページ | やっと見つけた物 「at 歌舞伎座」 »

2014年2月 1日 (土)

「天水桶」 その2

神社や寺院に奉納されている、雨水を貯めておく、いわば貯水槽です。

波除さんには2種類の「天水桶」が奉納されています。

2014janno6_006

こちらと

047

こちらが古い方で、中央区の文化財になっています。

まだ、築地に市場が移転してくる前の奉納品で、供出を免れたそうです。

もう一つは、地元の「江戸消防記念会、第一区六番組」が奉納したものです。

2014janno6_012

第一区なので、縁周りに「大一」の字が繋ぎになっています。

008


余談ですがこの桶は、今は獅子殿の左右にありますがが、以前は本殿の両側にあって、獅子殿は、天井大獅子が奉納される前は、舞台がありました。

さて、この二種類の桶については、以前書きましたが、成田山で同じ六番組が奉納した「天水桶」がありました。

2014janno5_034


同じ仕様なのですが、桶が一対あり、その上に波除さんの二倍の、六個の小さな桶が乗っています。

この飾り方の「天水桶」を見たのは初めてです。

2014janno5_038


ほぼ、同時期に奉納されたのでしょうか?

下の波除さんの物と、作りがよく似ています。

010

上の画像は波除さんですが、成田山では、立入禁止になっていて、裏側を見る事ができませんでしたが、波除さんの方は見る事が出来ます。

筆が「入五」となっていて、当時の頭が揮毫したのでしょう。

2014janno6_002

「入五」は入船町五丁目の略称で、当時の頭は、「小関 一」と言う方が、この屋号を名乗っていたそうです。

六番組の頭連中の名前が入れられています。

鋳造所も色々な寺社で見かける名前です。

戦後、供出してしまった「天水桶」を復活させようと、各地の檀家や、氏子たちが奉納した物が、現在見る事が出来る「天水桶」のほとんどです。

ですから、戦火を免れ、供出も免れた物は本当に少ないそうです。

「天水桶」にも、数々の歴史があるようです。

« 「雛のつるし飾り」 | トップページ | やっと見つけた物 「at 歌舞伎座」 »

小田原町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「天水桶」 その2:

« 「雛のつるし飾り」 | トップページ | やっと見つけた物 「at 歌舞伎座」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30