リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「給電スタンド」 | トップページ | 東京市場駅 「引込み線の名残り」 »

2014年2月25日 (火)

「牡丹文字」 2

仕事柄、江戸文字を書いていますが、最近その中でも牡丹文字を以前より多く書くようになりました。

2014febno4_019

牡丹文字の「海」です。オリジナルですので、複製使用はお断り!です。

角字は、自費出版で本が出たようですが、牡丹文字の本はまだありません。

最も、牡丹文字は、一文字の場合もありますが、二文字で表現する場合の方が多くあります。

二文字の場合、右左に書く時と、左右に書く時もありますし、上下に書く場合もあります。また、陰陽で書く場合もあります。

また、書く人の個性も江戸文字より千差万別なので、これと言った決まりがある訳ではありませんが、小生が書くときは、いくつか考えながら書いています。

まず、何に使うかと言う事ですが、牡丹文字は半纏、手拭、白扇、提燈などに使われます。

20137_031

これは、当店オリジナルのぽち袋のバリエーションですが、「笑」は江戸文字、「寿」は牡丹文字で書いています。

半纏の場合、背縫いがありますので、縫製が楽なように、なるべく中心に偏と作りの境を付けるようにしています。

襟文字の場合、小さいのであまりグニャグニャ書くとおかしなものになってしまいます。

ただ、あまり画数が多い文字はあまり牡丹文字にしても、見栄えが悪いので、デザイン的に止めておいた方が良いと思います。

難しいのは、画数が少ない文字で、一、二、三などの漢数字や上、下など、一文字の物は牡丹文字には向きません。

2014febno4_033

牡丹文字の「水」です。こちらもオリジナルですので、複製使用はお断りします。

また、左右対称の文字も難しいです。

牡丹文字や角字については、色々と書く事がありますので、また書きたいと思います。

« 「給電スタンド」 | トップページ | 東京市場駅 「引込み線の名残り」 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「牡丹文字」 2:

« 「給電スタンド」 | トップページ | 東京市場駅 「引込み線の名残り」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30