リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「江戸城外濠の石」 | トップページ | 「竹芝桟橋」 »

2014年2月21日 (金)

日比谷公園 「心字池」

日比谷公園の中に「心字池」があります。

幼稚園の頃に祖母と兄弟と、都電に乗ってよく遊びに行った思い出があります。

2014febno3_062

子供時代と変わらない手前の平らな石。

もう、何十年ぶりかに寄った所、周りがとても明るく見えました。

先日の大雪の後でしたので、「雪吊り」が都会の真ん中にあるのが、チョット不思議な感じでした。

2014febno3_054

「心字池」には、夏休みに「クチボソ」という小魚を獲りによく来ていました。

小田原町(現築地6丁目)の「勝鬨橋」の停留所から「都電」に乗って、「日比谷」の停留所で降りると、すぐにこの池があるので、小一時間は遊べました。

亀もいたのですが、いつも遠くにいて、子供には獲れる距離ではありませんでした。

2014febno3_056

この日、池の中央に「亀」がいましたが、本物なのでしょうか?

小生の子供の頃(今から50年近く前)はまだ、子供も多く、親子連れがここに沢山来ていました。

虫網を持ってきたり、バケツまで持って来て遊んでいましたが、いま同じことをやったら、必ずすぐに管理人が来るでしょう。

遊びの多様化もあり、ここで楽しむ子供もいませんし、3世代同居の家も少なくなって、「祖父母と孫だけ」という組み合わせを見るのも、とても珍しい時代になってしまいました。

小生は、「おばあちゃん子」でしたので、今でも年寄臭い事は、よく覚えていますし、今では逆に助かっている事も多くあります。

久々の「日比谷公園」でしたが、半世紀近く前の感じはまだ残っていて、どこか懐かしく思えました。

2014febno3_058

また今度、ゆっくり訪ねてみたいと思いました。

« 「江戸城外濠の石」 | トップページ | 「竹芝桟橋」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷公園 「心字池」:

« 「江戸城外濠の石」 | トップページ | 「竹芝桟橋」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30