リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「竹芝桟橋」 | トップページ | 「給電スタンド」 »

2014年2月23日 (日)

「江戸東京博物館のミニチュア模型」

江戸博の常設展示のミニチュア模型ですが、望遠レンズを持って行かなかった事を後悔するほどよくできています。

2014janno6_178

銀座煉瓦街

時代考証は勿論、一人一人の表情や着ている人の着物の動きまで再現されていて、製作者の腕の良さを感じます。

2014janno6_067

バブル期のお金の掛け方が、いかに凄かったかを改めて感じました。

2014janno6_084_2

日本橋の賑わいです。

2014janno6_104_3

ゑちごやの店頭風景。

神田祭の山車のシーンも動きがあって、本物のように見えます。

2014janno6_120_2

どうもこういう物を見ていると、材料は何を使っているのだろうか?とか、彩色はどのようにしているのか?というような事が気になります。

当然、定期的にメインテナンスはしているでしょうが、ライトの強さによる退色が気になる所です。

江戸時代の日本橋界隈から、文明開化の明治時代、浅草の賑わいなど、見ていて飽きません。

2014janno6_162

浅草電器館の賑わいの情景ですが、小物の作りの細かさに目を見張ってしまいます。

2014janno6_194


また今度、特別展が無い時に、ゆっくり見に行きたいと思います。

« 「竹芝桟橋」 | トップページ | 「給電スタンド」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「江戸東京博物館のミニチュア模型」:

« 「竹芝桟橋」 | トップページ | 「給電スタンド」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30