リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「天水桶」 その2 | トップページ | 「江戸東京博物館」 »

2014年2月 2日 (日)

やっと見つけた物 「at 歌舞伎座」

歌舞伎座の「鳳凰」の瓦の紋が、ただ一カ所だけ違うという話題がありました。

201345_009


櫓の鳳凰の頭は右を向いています。

開場して間もなく1年を迎えますが、やっと見つけました。

2014janno6_400

左の方の「鳳凰」がやっと見つけた方です。

瓦の先端についている「鳳凰丸」の紋の「鳳凰」の頭が左を向いています。

この瓦は、ひとつだけワザと逆向きに焼いて、取り付けたそうです。

2014janno6_398

場所は、見つけた時の喜びが無くなるので、ハッキリ書きませんが、近くにある物をお知らせします。

2014janno6_384

こんな所の下の方です。

2014janno6_404

ここのすぐ下です。

日光東照宮でも、完全な物を作ると、そこからすぐに「滅び」が始まるとされる事から、陽明門をくぐったすぐ左側の門の柄が、ワザと反転させて彫刻されています。

歌舞伎座も、この故事を取り入れて、「長く繁栄するように。」との願いを込めて、この様にしたのでしょう。

肉眼ではチョット分かりずらいかもしれませんが、是非、出掛けられて、見つけて下さい。

« 「天水桶」 その2 | トップページ | 「江戸東京博物館」 »

歌舞伎座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと見つけた物 「at 歌舞伎座」:

« 「天水桶」 その2 | トップページ | 「江戸東京博物館」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30