リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「計算尺」 (けいさんじゃく) | トップページ | 銀座「寶童稲荷」 (ほうどういなり) »

2014年1月19日 (日)

横浜 「氷川丸」

横浜の山下公園に行くと、マリンタワーと氷川丸がシンボルとなっています。

2014janno2_026

マリンタワー。

2014janno2_040

係留されている氷川丸。

氷川丸は昭和5年(1930)に北太平洋航路に就航し、シアトルと日本を結んでいた日本郵船の貨客船です。

戦時中は病院船として徴用され、戦後は再び貨客船として、昭和35年(1960)迄使われ、以後横浜に係留され、内部も再整備されて一般公開されています。

何度も、横浜には行っていましたが、中に入るのは初めてでした。

2014janno2_112

就航していた時と同じ内装が維持されていて、時代を感じます。

2014janno2_128

ステンドグラスも、当時は船旅にアクセントを付けてくれた事でしょう。

2014janno2_180_2

真鍮製の鐘には、就航した年が刻印されています。

2014janno2_189

浮輪のロゴも時代を感じます。

2014janno2_170

操舵室も客室も公開されています。

2014janno2_138_2

一等特別室は、バスタブもあり、優雅な船旅が出来た事でしょう。

2014janno2_056

みなとみらい地区が良く見えます。

2014janno2_146

氷川丸の船名の由来は、大宮の氷川神社から来ているそうで、船内の神棚には「氷川神社」のお札が祀られているそうです。

船内では、機関室も公開されていて、船が好きな方でしたら、きっとマニアックな部分でも、楽しめるでしょう。

見学には小一時間ほど掛かりますが、女性でも結構楽しめると思います。

2014janno2_204

「中華街」や「みなとみらい」への訪問と一緒に、訪ねられてみては如何でしょうか?






« 「計算尺」 (けいさんじゃく) | トップページ | 銀座「寶童稲荷」 (ほうどういなり) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜 「氷川丸」:

« 「計算尺」 (けいさんじゃく) | トップページ | 銀座「寶童稲荷」 (ほうどういなり) »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30