リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「市場の鳥たち」 | トップページ | 「成田山 新勝寺」の千社額 »

2014年1月25日 (土)

「京都みやげ」

中学の修学旅行の時に買った、祖父へのおみやげが綺麗なまま出て来ました。

40年くらい前の物です。

2014janno5_004

小生と同じ世代の方は、懐かしく思われるでしょう。

昭和40年代後半の事ですが、東京の中学生の修学旅行は、奈良、京都が定番でした。

もう、小生の世代は東海道線の「ひので」号ではなく、貸し切りの「新幹線」でした。

2013028_convert_20130813204423

新幹線を利用する前まで使われていた、在来線の修学旅行用電車です。

(鉄道博物館にて)


当時は、団体行動が当たり前で、今の子供達の様に、タクシーを利用して、3~4人で選べる様なコース設定ではありませんでした。

京都では、唯一夜に団体で、新京極(しんきょうごく)という所に、「おみやげ」を買いに行く時間がありました。今も行くのでしょうか?

「京都みやげ」と言うと、当時は「生八ッ橋」の「おたべ」が定番でしたが、この「おみやげ」は、愛煙家だった亡き祖父へ買っていった「煙草ケース」です。

こんな物が出て来て、自分でもビックリです。

2014janno5_002


西陣織っぽくみせた生地が巻き付けられています。

色々な柄の物が売られていました

フタは、「押ス」(カタカナ表記が時代を感じさせる)という所を押すと、バネのロックが外れて、「パカッ」と開きます。

2014janno5_006


新品同様なので、40年も前のものが今も売っている様な感じがします。

2014janno5_010

今の「タバコ」でも、対応しますが、嫌煙と分煙の世の中ですので、まさか今では売っていないでしょうし、もう骨董の部類に入るのではないでしょうか?

祖父は、これを喜んでくれて何回かは使っていたようですが、引き出しにしまいこんで、それがどういう訳か、最近になって出て来て、懐かしさと不思議な感じとが入り混じっています。

せっかく、出て来たものですが、このまま取っておく事にしようと思います。

2014janno5_014


時代を感じさせる、昭和40~50年代の懐かしい「京都みやげ」です。

« 「市場の鳥たち」 | トップページ | 「成田山 新勝寺」の千社額 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「京都みやげ」:

« 「市場の鳥たち」 | トップページ | 「成田山 新勝寺」の千社額 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30