リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「七草粥」 (ななくさがゆ) | トップページ | 亀戸天神 「卯槌」(うづち) »

2014年1月 8日 (水)

「福寿草」 (ふくじゅそう)

七草が過ぎると、正月気分は落ち着いて来ますが、いつもこの頃になると「福寿草」が目につきます。

002_convert_20140108050605

小さく黄色い花が、春の息吹を感じさせてくれます。

福寿草は、別名「元日草」(がんじつそう)とか、「朔日草」(ついたちそう)とも呼ばれ、1月1日の「誕生日花」となっているそうです。

まず、花だけが咲き、あとから葉がでてきて、夏までには光合成で得られた養分を貯めこみ、土から上が枯れて、翌年の初春にまた花が咲くという、典型的な春のお目出度い花として知られています。

006_convert_20140108050659

しかし、意外に知られていないのが、「毒草」だそうで、根は薬草として、民間療法で使われてきたようですが、誤って食べたりしてはいけないそうです。

ただ、花言葉は、「永久の幸福」、「思い出」、「招福」、「祝福」など、花から連想するお目出度い言葉が付いています。

鉢植えで売られたりしていますが、自然に生えている「福寿草」を見かけると、なぜか気分が明るくなります。

節分まではまだ寒い日が続きますが、郊外の陽のあたる所に行って、「小さな春」を見つけに行ってもイイ物ですネ。

« 「七草粥」 (ななくさがゆ) | トップページ | 亀戸天神 「卯槌」(うづち) »

季節感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「福寿草」 (ふくじゅそう):

« 「七草粥」 (ななくさがゆ) | トップページ | 亀戸天神 「卯槌」(うづち) »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30