リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 江戸消防記念会 「第一区の纏」 | トップページ | 「歌舞伎稲荷」の飾り付け »

2014年1月29日 (水)

都電荒川線 「三ノ輪橋駅」

先日、久しぶりに都電に乗る機会がありました。

都電も新型車両が導入されていて、内装もレトロ風でありながら密閉性も良く、近代的な装備がなされていました。

2014janno5_219

都電9000形。(9002)

御承知の通り、今都電が走っているのは、この「荒川線」だけですが、最盛期の頃は、三ノ輪橋~王子~赤羽までが27系統、王子~大塚~早稲田までが32系統の2路線に分かれていました。

電車の前に路線番号が書かれた、「プレート」がついていて、方向幕を見なくても行き先が分かりました。

47

昭和47年、28系統、永代通り「日本橋停留所」。 (中央区フォトギャラリーより)


次第に都電が廃止されて行く中で、一般道との共用が少ないこの2路線を統合して、唯一廃止を免れ「都電荒川線」として、今に至っています。

都電の「三ノ輪橋駅」は、地下鉄日比谷線の「三ノ輪駅」から5分ほどの「昭和通り」(日光街道)から少し西に入った所にあります。

入り口には写真館のビルがあり、その下をくぐるように駅に繋がる商店街になっています。

2014janno5_235

上の画像は「昭和通り」(日光街道)側からですが、夜に利用したので、何となく昭和の時代がそこに広がっている感じがします

 

2014janno5_227

こちらは、後ろ側からの画像ですが、奥の道路が昭和通りとは思えないほど、時代がタイムスリップしたような感じでした。

三ノ輪橋駅も、夜はひっそりとしていて、看板がまた、郷愁を誘います。

2014janno5_213

昔、良く見かけた、「駅名」の上に丸い時計が付いています。

ホームは整備されていますが、夜は雰囲気が違います。

2014janno5_215


都電は、好きな区間の貸し切りもできるそうなので、結構利用している団体もあるようです。

因みに、一般客の貸し切り運賃は、どの区間を選んでも片道 13,820円で、利用日によっては車両も選べるということです。(平成26年1月現在)

2014janno5_224

沿線には、荒川遊園や王子の飛鳥山など、見所もあります。

今度は、桜の咲く頃の昼間に乗って見ようと思いました。




« 江戸消防記念会 「第一区の纏」 | トップページ | 「歌舞伎稲荷」の飾り付け »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都電荒川線 「三ノ輪橋駅」:

« 江戸消防記念会 「第一区の纏」 | トップページ | 「歌舞伎稲荷」の飾り付け »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30