リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「橋梁工事」 | トップページ | 「市場の鳥たち」 »

2014年1月23日 (木)

「日比谷神社」 (鯖稲荷)

日比谷神社は第一京浜国道のすぐ脇に真新しい社殿が建ちました。

平成21年に環状2号線の用地となった以前の場所が、道路を通す為に移転する事になり、ここに新しく鎮座して来たそうです。

2014janno4_024

元々、江戸初期には日比谷公園の中にあり、江戸城の日比谷御門造営の影響で転地してから何度か移転していて、今回、ここに鎮座されたという、鉄砲洲神社と似たような移転が多い神社です。

2014janno4_065

鯖(さば)稲荷とも呼ばれ、旅(さ)泊(ば)といって、旅人を神社境内で泊めてやったりした事がこの名の由来だそうですが、今までの場所は、近くの烏森神社の祭礼が有名でしたので、小生も以前の鎮守の森は知っていましたが、中には入った事がありませんでした。

国鉄の汐留駅が廃止され、再開発が進んで、環状2号線が現実の物になり、JRのすぐ横に移転されました。

2014janno4_066

鳥居の向こう側(虎ノ門方面)にかつての社殿がありました。

建設中の道路が、環状2号線(仮称、新虎通り)です。

歴史が古いので、中には社殿の新しさとは全く違う物も祀られていました。

2014janno4_042

台座は新しいのですが、狛犬は古いようです。

2014janno4_044

本殿左側のこの稲荷社には、金物で作られた小さい長提燈もありました。

2014janno4_046

町の再開発と共に、今まで目立たなかった由緒のある神社がある意味、衆目の場所に転地してきた事が不思議な気がします。

2014janno4_038

奥が新橋駅です。

2014janno4_016

近代的なビルの狭間に、歴史を感じさせる日比谷神社です。

« 「橋梁工事」 | トップページ | 「市場の鳥たち」 »

新橋あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日比谷神社」 (鯖稲荷):

« 「橋梁工事」 | トップページ | 「市場の鳥たち」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30