リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「小正月」を過ぎて | トップページ | 横浜 「氷川丸」 »

2014年1月18日 (土)

「計算尺」 (けいさんじゃく)

先日、こんなものが出て来ました。

今から、45年も前の物です。

2013decno5_024

「計算尺」といって、縮尺を換算する時に使う道具です。

小学生の時に、当時の学研が月に一度、学校に「科学」と「学習」という教材本を売りに来ていて、それに付いていた「付録」です。

2013decno5_030

まだ、電卓など無い時代でしたから、縮尺計算を、このアナログな道具で計算していた訳です。

2013decno5_012

大人が使っていたのは

2013decno5_018

こんな感じの物で、比べて見ると

2013decno5_032

こんな感じになります。

実際に使った事はほとんど無かったのですが、電卓が出て来て、平方根や立方根が計算できるようになるまでは、良く使われたそうです。

写真の物とは違いますが、アポロ計画にも計算尺が使われていたそうです。

時代の変遷が、この50年近くでスピードを増し、激変しているのが良く分かります。

机の中に「玉手箱」を発見したような気がしました。




« 「小正月」を過ぎて | トップページ | 横浜 「氷川丸」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「計算尺」 (けいさんじゃく):

« 「小正月」を過ぎて | トップページ | 横浜 「氷川丸」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30