リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 銀座「寶童稲荷」 (ほうどういなり) | トップページ | 「橋梁工事」 »

2014年1月21日 (火)

「東京宝塚劇場」

帝国ホテルの向かいに「東京宝塚劇場」があります。

2014decno3_018

2001年1月1日に、この新劇場がオープンしました。

言わずと知れた、日本におけるレビューの殿堂です。

花、月、雪、星、宙(そら)の5組と、いわゆるOGで結成された、どの組にも所属しない「専科」があるそうで、それぞれの組が時期を分けて、公演をしています。

劇場の上のタワーが目を惹きます。

2014decno3_034

小生は、以前の劇場の時に一度だけ見に行った事がありますが、その当時は「鳳蘭」が男役のトップをしていた時期でしたので、もう40年近く前の事です。

舞台の明るさと大きなミラーボール、そしてオケボックスの生演奏と大階段は、初めて見た小生の様な興味のない者にも強い印象がありました。

勿論舞台は女性ばかりが演じているのですが、結構迫力のある舞台だった事を覚えています。(演目は忘れましたが、、、)

妹が宝塚が好きで、親の代わりに連れて行ったのが、後にも先にもこれ1回だけの観劇でした。

しかし、妹の宝塚熱は、その後、家でも発揮され、小生もレコード(まだCDは無い)や、カセットテープの曲が知らず知らずのうちに頭に入ってしまっていたり、配役や名前を覚えていたりと、一時は知識が豊富になっていました。

先日、たまたま劇場の横を通った所、今年で「宝塚歌劇」が100周年との事だそうで、記念のプログラムが数多く公演されるという事を知りました。

2014decno3_036

入り口の上には、「100周年」を知らせる内容のバナー旗がありました。

2014decno3_042_2

老若男女を問わず、熱烈な「ヅカファン」は多いようです。

今年は、例年以上に公演も華やかさを増すでしょう。

2014decno3_040

機会を見て、「人生2度目の観劇もいいかな?」と思いました。



« 銀座「寶童稲荷」 (ほうどういなり) | トップページ | 「橋梁工事」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「東京宝塚劇場」:

« 銀座「寶童稲荷」 (ほうどういなり) | トップページ | 「橋梁工事」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30