リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 平成25年 「大晦日」 | トップページ | 「かちどきの渡し」 »

2014年1月 1日 (水)

「謹賀新年」

明けまして、おめでとうございます。

平成26年(2014)午歳。 年が改まりました。

我が家では毎年、紅白もそこそこに、「波除さん」に初詣に行きます。

2014janno1_097

今年は、いつもより行列が長く、旧、小田原橋のあたりまで並んでいました。

2014janno1_093

風も弱く、気温もさほど低く感じませんでしたので、良い「初詣」になりました。

後ろに並んでいたのは「台湾」の女の子たちで、0時を回ると故郷に電話をしていました。また、どこかの塾の越年合宿なのでしょうか?同じ学生服を着た高校生の団体も初詣で「必勝祈願?」に来ていました。

「波を除ける」という波除さんのゴロが良いので肖り(あやかり)詣という所なのでしょう。最近は、プレジャーボートの所有者たちも祈願に訪れるそうです。

鳥居の下では、干支の「午(うま)」をかたどった折り紙が付いたお札を頂きます。

2014janno2_078

ウチでは、毎月「おついたち詣り」もしているので、昇殿して宮司さんに新年の「祝詞」を上げてもらいます。

いつもの桐箱に入った「玉串」も交換して来ます。正月は獅子殿にも上がり「願い串」に「商売繁盛」と「家内安全」を祈願してきます。

それから御神酒を頂き、破魔矢を買って帰宅します。

2014janno2_022

ウチに帰ると、神棚に玉串と破魔矢とお札をセットして、新年のお参りをして新しい年を迎える越年行事が終わります。

毎年、繰り返している行事ですが、時が経つ早さと、子供達の成長を改めて感じる時でもあります。

まだ、年賀状を書いていないので、ガンバッテホロ酔いで書こうと思っています。

今年が良い年になるよう、願いを込めて迎えた元旦です。

2013decno6_015

読んでくださっている方々にも、実り多き1年になるよう、今年も宜しくお願い致します。

« 平成25年 「大晦日」 | トップページ | 「かちどきの渡し」 »

小田原町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「謹賀新年」:

« 平成25年 「大晦日」 | トップページ | 「かちどきの渡し」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30