リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「水神社の正月飾り」 | トップページ | 築地の「初市」 »

2014年1月 4日 (土)

「正月休みの築地界隈」

普段の年なら、今日から仕事始めですが、曜日の関係で6日(月)から世間では本格始動と言ったところでしょう。

築地も場外市場は飲食店を中心に何軒か商売をやっており、中には列をなしている丼屋さんもありましたが、全体的に閑散としています。

2014janno2_058

築地場外市場。1月3日撮影。

小生が文字を書いた「千社額棟」の周りも観光客はまばらでした。

2014janno2_052

2014janno2_060

波除さんも、外国人観光客が目立っていましたが、ピークは過ぎたようです。

明日の初荷の日は、買出し人や市場の関係者でまた、賑やかになるでしょう。

2014janno2_002

神社の授与品のうち、気になっていた竹籠に入った鯛のお守りを買ってきました。

2014janno2_066

築地ならではと言うようなかわいらしい授与品です。

松竹梅に鯛と小判があしらわれて、竹の籠は「先が見通せるように!」とか、「神の御加護(籠)がありますように!」という江戸時代からの洒落が利いています。

境内では、天井大獅子(雄獅子)とお歯黒獅子(雌獅子)が鎮座し、外国人参詣客も珍しい物に驚いているようでした。

2014janno2_020

雄獅子の前では、希望者に願い串を書いてもらって、獅子の裏側の竹籠にそれを入れ、巫女さんに「お鈴の儀」と言うのをしてもらう事ができます。

2014janno2_034_3

雌獅子の頭の部分には、木製の弁天様の彫像が納められています。

晴海通りも新大橋通り(市場通り)もまだ閑散としています。

場内では明日の初荷の入荷が始まり、トラックがだんだん多くなって来ます。

今年は、「大間のマグロのセリ値」がいくらになるか、気になる所ですが、初荷が日曜日なのでどうなる事でしょう?。

天気の予想もまあまあなので、一安心です。

今年は「馬歳」、蹴りあげるような好景気が訪れると良いなと思います。

« 「水神社の正月飾り」 | トップページ | 築地の「初市」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「正月休みの築地界隈」:

« 「水神社の正月飾り」 | トップページ | 築地の「初市」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30