リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「築地は今日で終市」 | トップページ | 「謹賀新年」 »

2013年12月31日 (火)

平成25年 「大晦日」

平成25年(2013)も今日一日です。

昨日、用事で銀座を廻ったら、新橋演舞場や歌舞伎座では正月の飾り付けがされていました。

2013decno6_114

新橋演舞場正面の「玉飾り」。  本物の大海老が付いている。

 

昨日の築地は、ガイジンさんも含め、沢山の人でごった返していましたが、買い物客より見物客が多いように見えました。家族連れが多く、築地でランチをするだけで、あとは旅行にでも行くのでしょう。食材を抱えている人は少なく感じました。

2013decno6_031

いつもの年より水産や青果の仲卸も早く店じまいしていたようです。

銀座7丁目あたりは、閑散としていて演舞場界隈はほとんど人も歩いておらず、正月の飾り付けで日本のお正月らしさを感じます。

2013decno6_103

料亭「金田中」の正面玄関

歌舞伎座でも門松の準備をしている最中でした。

今年からウチの町内の頭(かしら)が「歌舞伎座の鳶頭(とびがしら)!」として、歌舞伎座の色々な鳶仕事を任されるようになったので、幕の設置や飾り付けなど忙しくしておりました。

2013decno6_127_2

12月30日歌舞伎座前。

門松が大きいので、現場で設置しなければならず、松を差し込んで形を作り、後で刈り込んで仕上げて行くそうです。

2013decno6_152

12月30日歌舞伎座前。

歌舞伎座前は、人も多く珍しい光景に盛んにシャッターを切る人も多く見かけました。

2013decno6_134

懸垂幕も設置されて、正月を迎える準備が整っているようでした。

今年の3月から、「200号までは」と思って始めたブログですが、それ以上に「大晦日」まで続ける事ができました。

見知らぬ方からの感想もいただき、また知り合いからのお声掛けもいただいて、ネットの世界の広がりを驚くほど感じています。

築地が豊洲に移転してしまう過渡期にあって、生まれ育った築地やその周辺の事を、自分なりの記憶の中でなんとか文字や画像という形で残しておきたくて始めた小ブログですが、古い事ばかりでなく、日々新しい事や行事も行なわれており、改めて見直すと自分でも新しい発見があって面白く感じています。

新年からは、取り敢えず3月まで、1年を目指して毎日更新とは行かないまでも色々と書いてみようと思っています。

小ブログを見て下さっている方には有難く感謝しております。

来る、平成26年(2014)が、明るく希望が持てる年になるよう、願って止みません。

読んで下さり本当にありがとうございました。

良いお年をお迎えください! 

 

« 「築地は今日で終市」 | トップページ | 「謹賀新年」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成25年 「大晦日」:

« 「築地は今日で終市」 | トップページ | 「謹賀新年」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30