リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「新年の装い」 | トップページ | 「蟹の顔」 »

2013年12月25日 (水)

「古い千社札」

千社札は、神社や仏閣などに貼ってある、屋号や個人名などを摺った和紙の紙札です。

先日、昭和25年(1950)5月の交換会の時の題名札が出て来ました。

2013decno5_038


神社などに貼ってあるのとは、大きさが違いますが、寄り合いの時にその月の「お題」を決めて、それに因んだ「題名札」を作ります。四丁札です。

「東都納札睦」という、今でも続いている会があって、ウチは祖父の代から入っており、3か月に1度、上野のアメ横にある、「摩利支天 徳大寺」という日蓮宗の寺院で交換会が行なわれています。

出て来た「題名札」は今で言う「江戸消防記念会」の各区の纏が増設されたのを記念として、題された時の札です。

2013decno4_013

三区から六区までのうち、増設された纏が書いてあり、季節柄、菖蒲があしらわれています。

原稿は、二代目高橋藤之助、摺は関岡扇令、彫は岩下とあり、また福田千加坊の名前も見る事ができます。

小生は、交換会には二度ほどしか伺ってはいませんが、先日摺りの故二代目「扇令」さんの息子さんが「三代目、関岡扇令」を襲名し、お祝いの会にお邪魔して来ました。

032

有志から贈られた、「三代目、関岡扇令」の招き札。

三代目は「摺り」では無く、「彫り」が本職で、東都納札睦の色々な事に携わっていらっしゃいます。

この題名札はウチの祖父が、町内の鳶の頭に誘われ、入会した頃の札だと思われますが、陽に当たっていなかったので、色が今でも綺麗に見えます。

この他にも各区の「纏」が摺られている札も一緒に出て来ましたので、また機会を見て、ご紹介してみます。

2013decno5_044

今、この歳になって改めて見てみると、何とも言えない「美しさ」を感じます。

« 「新年の装い」 | トップページ | 「蟹の顔」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「古い千社札」:

« 「新年の装い」 | トップページ | 「蟹の顔」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30