リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「架橋工事」 | トップページ | 「筆文字」 »

2013年12月 9日 (月)

「ぽち袋」

お正月が近づいてくると、子供がいる家では「ぽち袋」を用意します。

小生の店では、「築地」という場所柄、「魚がし」で使われていた柄をモチーフにしてオリジナルの「ぽち袋」も作っています。

201312no3_092

「魚がし」の文字は勿論、寄り合いなどの時に、持ち寄った酒の肴などを大袈裟に「魚一網」や「蒸籠(せいろ)一荷)など、魚一匹、菓子一折しか持って行かないのに、威勢のいい大袈裟な書き方をして、小さめのビラに書いてぶら下げて使っていました。

201312no3_134_2

「○○さん江」の上に相手の名前を書き、「のし」や「志ん上(しんじょう)」の下に贈り主の名前を書いて差し入れをしていたそうです。

以前から、この柄を「ぽち袋」にしていた飲食店があり、改めて小生が文字を書き直して作って見ました。

魚シリーズなどもあります。

201312no3_102

魚の文字の下にチョット柄を入れてみました。

201312no3_104

4種類が1枚ずつ入っていて、3アイテムあり、12枚でコンプリートとなっています。

201312no3_106

魚シリーズは「越前和紙」で作っていますが、他にも「鯛」の柄で「おめで鯛」や、「暴れのし」、京都龍安寺などで見かける「吾唯足知(われ、ただ、たるをしる)」などの柄もあります。

お客さんの書いた文字でオリジナルも作っていますが、小生が加筆して形にしてお渡ししています。

201312no3_062

こんなスタンダードの物や、

201312no3_065_2

左馬を来年の「干支」に因んで作っています。

今年のオリジナル作製はもうできませんが、「お年玉」に限らず、カードを入れたり、メッセージを入れたりして、使っていただいているようです。

江戸文字でもできますので、一度作って見てはいかがでしょうか?

« 「架橋工事」 | トップページ | 「筆文字」 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

ぽち袋、前からオリジナルって作ってみたいな、って思ってました。
年が明けたら伺います。ご教授くださいませね。

二番組の嫁さん、コメントありがとうございます。

自分で書いた物は、結構思いが入って、それを使うというのは良いですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ぽち袋」:

« 「架橋工事」 | トップページ | 「筆文字」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30