リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「古い千社札」 | トップページ | 「大田市場」 »

2013年12月26日 (木)

「蟹の顔」

お正月には、おせちの一環として「タラバ蟹の足」がよく食べられているようで、暮れの築地でも、冷凍の「タラバ」の箱を持った人をよく見かけます。

先日有難い事に、毛蟹とズワイ蟹を頂きまして、茹であがったばかりの蟹の顔が面白く、撮って見ました。

201312no3_006

顔だけ見ると、怪物の様な「ズワイ蟹」の顔。

甲羅側から見ると、食欲が湧きます。 

201312no3_027

上の写真はオスですが、下のメスはお腹に卵を沢山抱えていて、これも美味ですが、顔はやはり怪物です。

201312no3_023

毛蟹も同じ様です。

201312no3_031

何故か悪党に見えてしまいます。

201312no3_030

しかし、食べてみれば皆、ごちそうです。

何故か、蟹を食べる時には、誰もが無言になってしまいますね。

昔、まだ青函連絡船があった頃、青森から函館の船上では「海峡ラーメン」というメニューがあり、それにしておけばよかったのに、「毛蟹ラーメン」を注文したら、丸ごと一匹の茹でた毛蟹が乗っていて、麺はのびるは、蟹は食べずらいはで、一苦労した事がありました。景色など見る余裕など無く、あっという間に函館に着いてしまった思い出があります。

キッチン鋏や蟹スプーンなど無く、箸しか無かったので懲り懲りでした。

ゆっくり時間を掛けて、一杯やりながら食べるのは、やはり至福の時です。

201312no3_037

お正月は「ズワイの足、買ってこようかなぁ」と思いました。

あと一週間で新年です。

一年がだんだん早く感じられるようになった「年の瀬」です。

« 「古い千社札」 | トップページ | 「大田市場」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「蟹の顔」:

« 「古い千社札」 | トップページ | 「大田市場」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30