リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「大田市場」 | トップページ | 「歳の市」 »

2013年12月28日 (土)

「築地新聞」

そんな新聞、あるわけ無いと思いますよね。

先日、日刊ゲンダイの取材で知り合った記者の方との約束で、タイトルを「江戸文字」で書かせて頂きました。

2013decno5_002

日刊ゲンダイの編集部が「築地」にあり、その繋がりで書きました。

一週間に一度、水曜日に発行する「築地」関連のお店を紹介する、「日刊ゲンダイ」の中の、コラムのタイトルです。

2013decno5_006

飲食店は勿論、物販店やウチの様な店舗を、毎週一回紹介する「コラム」です。

そのタイトルが「築地新聞」という訳です。

因みに、ウチのコラムの時は、「おいしそうな、文字書きます!」と銘打って記事を書いてもらいました。

日刊ゲンダイは、男性の読者が記事の内容も含めてやはり多いので、女性が買って見る機会は、少ないかも知れません。

以前、同じ「日刊ゲンダイ」の通販で売っていた、焼酎のラベルのタイトルを書いた事があります。

この時は、町内の酒屋さんと和食屋さんとで、有名メーカーの焼酎を、「築地ブランドで売り出そう!」という「コラボ企画」の一環で書きました。

文字を書くのは、子供の頃から好きなので、書道も習い、雅号も頂いておりますが、書道家ではありませんので、筆を持って書く場合は、なるべく勢いがあって分かりやすい文字をと心がけています。

場外市場の「千社額」の文字も小生が全て手書きで百数十軒分、書かせて頂きました。

774_convert_20130417211543

築地場外にある「千社額」。


江戸文字や角字、牡丹文字などは、袋文字と言って、輪郭を書いて行く作業ですので、芯になる文字を素書きで書いてから肉を付けて行く感じで書いています。

いずれにしても、自分が書いた物が、週に一回と言っても色々な読者の目に留まるのは有難い事です。「築地新聞」、機会があったら見て下さい。

これからも、文字の鮮度を高めて行けるよう、日々の精進を改めて感じます。

« 「大田市場」 | トップページ | 「歳の市」 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「築地新聞」:

« 「大田市場」 | トップページ | 「歳の市」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30