リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「蟹の顔」 | トップページ | 「築地新聞」 »

2013年12月27日 (金)

「大田市場」

大田市場は、神田にあった青果市場をメインに移転してできた「世界一の青果市場」です。昭和63年(1988)に神田、荏原、蒲田の青果市場を統合してここに新規オープンしました。

水産市場も、同じ敷地にあり、花卉は湾岸道路を挟んだ対岸にあります。

屋上には大きなオブジェが4つあります。

2013decno5_051

 

当時は、水産市場も築地を移転させて大規模に造る計画でしたが、当時は築地の大反対に合い、用地も野鳥が住み着いて水産用地が「都立野鳥公園」になっています。

2013decno5_032

緑に見える向こうが「野鳥公園」

 すぐ近くに羽田空港があるので、飛行機の離着陸をひっきりなしに見る事ができます。

2013decno5_040

築地に比べると、青果の規模は本当に大きく、ミカンの段ボール箱が通路に所狭しとパレットに乗ったまま並べられていました。

2013decno5_036_2

ここのシンボルは屋上のオブジェです。バブル期の作品ですね。

 湾岸道路に近い方から、「カブ」

2013decno5_055

次に「タケノコ」

2013decno5_046_2

それから「ブドウ」

2013decno5_042_2

そして、水産の「鯛」です。「鯛焼き」の様な形ですがユーモラスです。

2013decno5_026_2

ズラリと並んだオブジェは、屋上駐車場からはすべてが見えますが、ここの敷地は本当に大きくて、歩くには築地より大変です。

2013decno5_030_2

築地にいると、周辺の市場に行く事がなかなかありませんが、年に数回仕事で行きます。

 今まで、画像など撮った事がありませんでしたが、写真に撮って見ると記録になりますし、様子も後から見る事ができます。

2013decno5_063

大型トラックが余裕で通れるほどの高さがある通路ですが、フォークリフトの数が築地より圧倒的に多く、所狭しと走り回っていました。

 ここは、時間を掛けて普段仕事で行かない所も今度、行ってみようと思います。

 暮れの、大田市場でした。

« 「蟹の顔」 | トップページ | 「築地新聞」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大田市場」:

« 「蟹の顔」 | トップページ | 「築地新聞」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30