リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「三鷹の森、ジブリ美術館」 | トップページ | 「三の酉」 »

2013年11月26日 (火)

「夜の銀座、中央通り」

先日、イルミネーションについて書きましたが、銀座中央通りは最近、大物のデコレーションが目につきます。

201311_no4_009

カルティエのデコレーション

壁面を使って、広告をするのは、以前でしたら大型の懸垂幕に、文字や写真を使っていましたが、LEDの普及に伴って、デザインを凝らした物が本当に多くなりました。

201311_no4_011

ブルガリのデコレーションも蛇(へび)の目がダイヤモンドをイメージさせる奇抜で斬新なイメージを見る者に与えているようです。

昼間見るのとは明らかにイメージが違います。

松屋デパートにはダイハツの車の変遷を壁面をうまく使ってアピールしていますし、他の店舗でも斬新な物を飾っています。

東京都には屋外広告物規制条例と言う、壁面の何パーセントまで広告に利用して良いという条例があります。

これは一時、秋葉原などの電気街で店舗の壁いっぱいに派手な広告幕などを出して客寄せをしていた為に、町の美観を著しく悪jくするという事から制定された経緯があり、施工業者も自治体に事前に申請しなければ、許可されないという条例があります。

ですから、広告主とデザインする側は事前に、役所に承認を取って施工しているという訳です。

何気なく見ていて、綺麗なデコレーションですが、こんな所にも法の規制があるのです。

日本人って本当に何気ない所にも、縛りの中で施工する苦労を、微塵も感じさせない感性があるのだと改めて思いました。

手放しで夜の銀座は”キレイ”ですね。

« 「三鷹の森、ジブリ美術館」 | トップページ | 「三の酉」 »

銀座あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「夜の銀座、中央通り」:

« 「三鷹の森、ジブリ美術館」 | トップページ | 「三の酉」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30