リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「井の頭弁財天」 | トップページ | 「三鷹の森、ジブリ美術館」 »

2013年11月24日 (日)

「新橋、夜のガード下」

新橋には、仕事でよく行きます。日が短くなったので、ガード下の店舗にも灯りが点くのが早くなっています。

2013nov_no3_010

以前にも書きましたが、大正期に新橋から上野まで鉄道が開業した当時からの煉瓦積みのガードが今も使われています。

独特のアーチ積みの技術が100年近くも、踏切のひとつも無い高架橋を支え続けています。

2013nov_no3_008

昭和の香りが“プンプン”する映画館も健在ですし、サラリーマンには優しい夜の町の代表格でもある「新橋」です。

ただ、夜間人口は本当に少なくて、町内の自治組織がなかなか運営が難しいようです。烏森神社の祭礼には、多くの担ぎ屋さん達も集まりますが、その他の事となると人を集めにくくなっているようです。

どうしても、飲食店は夜がメインですから、昼間の会合ですとか、イベントとなると協力できるところが少なくなっていると聞きます。

以前新橋にあった「桜田小学校」の跡地は公園になって、イベントや緊急時の避難先として利用されていますが、やはり住民がいないのは、町としての運営や、自治組織を運営し続けて行くのが難しいという、都j会の運命みたいなものがあるのではないかと思います。

2013nov_no3_002

夜の繁華なイメージとは裏腹に、何となく都会が抱えている難しさを感じました。

« 「井の頭弁財天」 | トップページ | 「三鷹の森、ジブリ美術館」 »

新橋あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新橋、夜のガード下」:

« 「井の頭弁財天」 | トップページ | 「三鷹の森、ジブリ美術館」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30