リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「紅葉狩り」 | トップページ | 「東京駅八重洲口」 »

2013年10月 6日 (日)

「明治屋」京橋ビル

中央通り、京橋の明治屋のビルが、再開発で取り壊しになるそうです。

昭和8年の建物だそうで、中央区の有形文化財(建造物)に指定されているそうです。

2013910_002

明治屋京橋ビル

明治屋と言うと、輸入食材や洋酒、Myシリーズのジャムやシロップなどを小売りしていますが、先日、前を通ったら再開発に伴う、「閉店」の張り紙がしてありました。

この建物は、当時の最高水準の鉄骨、鉄筋コンクリートの建築物だったそうで、地上8階、地下2階、日本で初めて、民間の建物と地下鉄との連絡通路が通ったビルだそうです。

東京大空襲も乗り越え、建築当初の意匠を今に伝えている、重厚なビルです。

2013910_004

この辺の中央通りも戦前からの昭和の建物が再開発によって、どんどん新しいビルに変っていっています。

下を走る、銀座線もとっくに新型車が走っているので、当然のことでしょう。

日本橋を見ても、大型店舗は、三越と高島屋がまだ、往時の姿を残しています。

昭和で言うと、今年は88年になりますから、致し方の無い事です。

廻りを見ると、東京駅のリニューアルをはじめ、京橋地区もビルの更新が続いています。チョット見ない間に、新しい建物が出来て、「ここの前の建物は何だっただろう?」と思う事がよくあります。

車で通っていると見ているようで見ていませんから、こんな事は致し方の無い事です。

築地にしても、場外市場は次々に新しい店ができ、場内は、白い看板の店舗が目についてしまいます。

豊洲の移転までにはどんなに変って行くのでしょうか?。

明治屋ビルを見ていて、そんな事を思ってしまいました。

« 「紅葉狩り」 | トップページ | 「東京駅八重洲口」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「明治屋」京橋ビル:

« 「紅葉狩り」 | トップページ | 「東京駅八重洲口」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30