リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 半世紀前の「首都高速道路」 | トップページ | 「紅葉狩り」 »

2013年10月 4日 (金)

「日本劇場」と「数寄屋橋公園」

日本劇場(日劇)は昭和8年(1933)に、今の有楽町マリオンの場所にあった娯楽の殿堂でした。

Photo

昭和8年、できたばかりの「日劇」、その手前が「泰明小学校」

まだ、外濠川が埋め立てられていない。奥は「東京駅」方向。

(京橋図書館資料より)

小生の世代では、ロカビリーや日劇ダンシングチーム(NDT),ウエスタンカーニバル、夏のおどり等は名前しか知らない世代ですが、ここの前を通ると、華やかな飾り付けと、有楽町駅から近いので、いつも人でごった返していたのを覆えています。

戦後、「日劇」は、「GHQ」の接収を逃れられた為に、いち早く興行が行なわれ、復興の一助となったようですが、ガード下は色々と、怪しい雰囲気の所もありました。

数寄屋橋付近は本当にいつも賑やかでした。

小生達が「日劇」と言うと、裏のゲームセンターや甘栗屋を思い出します。

「マリオン」が出来てからは、「TOHOシネマズ日劇」という映画館に「名前」だけを残しています。

S41820

昭和41年(1966)の日劇 (中央区フォトギャラリーより)

今では「イトシア」が出来て、人の流れが「プランタン」の方へ変ってしまい、「東芝ビル」も解体されて、昔の名残りは、数寄屋橋公園と、泰明小学校位になってしまっています。

2013_005

解体中の「東芝ビル」 2013、8月


東映の映画館の隣の「銀座教会」も新しくなりました。

S56

昔の銀座教会 昭和56年(1981) (中央区フォトギャラリーより)


数寄屋橋公園は、今でもさほど変わりませんが、街路樹が相当伸びて、明るい感じでは無くなっています。

S40

数寄屋橋公園。 昭和40年(1965) 奥に「日劇」と「旧、朝日新聞社」

「スキヤ橋ショッピングセンター」のタイトルと舗装が懐かしい。 

 (中央区フォトギャラリーより)

東京オリンピックが終わり、大阪で昭和45年(1970)に開催される「日本万国博覧会」に向けて、まだ、日本が全力疾走していた時代です。

東京には地方からの観光客や労働者も増え続け、銀座や数寄屋橋周辺は本当に活気がありました。映画館も賑やかでした。道路もいつも混んでいました。

数寄屋橋周辺も高いビルがどんどん建ち始め、「数寄屋橋公園」はその中でも憩いを求める人の「広場」みたいになっていました。

S42_3

昭和42年(1967)の数寄屋橋公園。奥が「泰明小学校」

まだ、都電の線路が残っている。

 (中央区フォトギャラリーより)

「FUJIYA」のビルも「SONYビル」も、建て直してからもう随分経っています。

まだまだ、再開発のラッシュは7年後の「オリンピック・パラリンピック」に向けて始まって行くでしょう。

そのうち、昭和の名残りを残す一番古い建物は、「泰明小学校」だけになってしまうかもしれません。

まだまだ変ってゆく、数寄屋橋周辺です。

« 半世紀前の「首都高速道路」 | トップページ | 「紅葉狩り」 »

銀座あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日本劇場」と「数寄屋橋公園」:

« 半世紀前の「首都高速道路」 | トップページ | 「紅葉狩り」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30