リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「住居表示変更」 小田原町から築地へ | トップページ | 「秋の風景」 »

2013年10月18日 (金)

「岸壁の船」

築地の岸壁には今でも時々、船が停泊しています。

この船は、燃油や雑貨なども運び、水産物まで運びます。

201310_no3_034

第三 八幡丸

今では、岩壁にいる船は時々見るくらいになりました。

この船は、東京~八丈島~小笠原と、島への漁船燃料や生活資材を輸送していて、島からも活魚を輸送できるよう通常の貨物艙の他に活魚艙、冷凍機、油艙を持っています。 平成4年(1992)の建造だそうです。

201310_no3_030

第三 八幡丸

いわば、マルチカーゴといえる貨物船で、もう一隻の「第一八幡丸」と一緒に運行している事が多いそうです。

この日も一緒に停泊していました。

201310_no3_038

第一 八幡丸 平成14年(2002)の建造

小笠原には、竹芝桟橋から週に一度、「おがさわら丸」が運行しているのは有名ですが、それを補完しているようです。

東京都漁連に所属する「八幡丸漁業運輸」が運航しています。

201310_no3_046

第一 八幡丸

先日の台風26号で伊豆大島が甚大な被害を受けましたが、この様な貨物船が縁の下の力持ちとして、普段から活躍しているのを改めて認識しました。

201310_no3_021

右上が第三 八幡丸。赤く見えるのが高潮用の水門。

戦後の築地は、漁船はもとより貨物船も多く入港していて、船舶向けの食料や資材を扱う業者が多くあり、今でも場内に「ガラスの浮玉」が飾られている店舗もあります。

築地で多くの物資を調達していた名残りです。

船員も多くいて、周辺の銭湯で黒く日焼けした人たちを時々見かけました。

今ではこんな光景は見られませんが、この岸壁にいかに沢山の船が出入りしていたのかを思うと、地方の漁港とは少し違う使命を持っていた「市場の港」だったのだと思います。

いま、少し下流で架橋工事が行なわれています。

201310_no3_050

左がかちどき地区、右が市場内から伸びる工事の関連棟。


この橋はもうここを、この様な船が入港できることを、前提に作られていないのかもしれません。

暫くすると、この辺は姿を大きく変えるでしょう。

変貌して行く景色を少しでも画像に残して行きたいと思います。

 

« 「住居表示変更」 小田原町から築地へ | トップページ | 「秋の風景」 »

場内市場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「岸壁の船」:

« 「住居表示変更」 小田原町から築地へ | トップページ | 「秋の風景」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30