リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「永代橋」 (えいたいばし) | トップページ | 「東京高速道路」 »

2013年9月29日 (日)

明石町 「中央保健所」

中央保健所は現在、保育園、福祉センター、タイムドーム明石などの入る複合ビルになっています。

S55

昔の「中央保健所」  (中央区フォトギャラリーより)

子供の頃は、何となく古くて、決して綺麗とは言えない外観から、親に連れて行かれる以外は、前を通り過ぎるくらいであまり印象は残っていません。

Photo

正面玄関  (中央区フォトギャラリーより)

しかし、調べてみると結構面白い事がわかりました。

関東大震災の直後から、アメリカ、ロックフェラー財団からの援助を受け、公衆衛生の専門家の養成と訓練の為の機関を、東大に「公衆衛生院」、所沢に「農村保健館」、そして明石町に「都市保健館」が設置されました。

まず、昭和10年(1935)、「東京市特別衛生地区保健館」として誕生し、2年後にこの写真の庁舎がロックフェラー財団から寄贈され、「京橋保健所」と改称され、昭和19年(1944)には「東京都立中央保健所」となりました。

ですから、本格的な保健に関する施設としての「中央保健所」は「日本初」の機関だったという事なのです。

昔は、明石堀と聖路加病院の施設に囲まれ、静かすぎる環境でどこか寂しいような気がしました。

47

明石堀の埋め立て前の裏側から見た「中央保健所」

(中央区フォトギャラリーより)

現在では、明石堀が埋め立てられ、「あかつき公園」ができ、聖路加の新病院が建設され、廻りの環境は一新しましたが、聖路加病院の周りには緑地帯と遊歩道が整備されていますので、閑静な環境は今でも残っています。

明石町には「日本初」のものが本当にたくさんありますね。

« 「永代橋」 (えいたいばし) | トップページ | 「東京高速道路」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明石町 「中央保健所」:

« 「永代橋」 (えいたいばし) | トップページ | 「東京高速道路」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30