リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「秋の七草」と、のれんの「衣替え} | トップページ | 明石町 「中央保健所」 »

2013年9月28日 (土)

「永代橋」 (えいたいばし)

永代橋は、両国橋と並んで、江戸幕府にとって重要な橋でした。

江戸三大祭と謳われた大きい祭とは、神田神社、日枝神社それと深川、富岡八幡宮の祭になりますが、深川へ行くには永代橋を渡らなければなりませんでした。

20139_no3_006_2

現在の「永代橋」

今の橋に至るまで、何度か、架け替えられました。

初めに架けられたのは、元禄11年(1698)に、五代将軍「徳川綱吉」の50歳の祝いとした架けられたそうです。

当時はもっと上流の「深川の渡し」の場所に架かっていたそうです。

当時、隅田川」には三つの橋しか架かっていなくて、4番目の橋としてデビューしたのが「永代橋」でした。幕府にとっても重要な橋でした。

しかし、財政難との理由により、一時は落橋する事になりそうな時期もあり、町衆が、通航料を取って、「橋」を維持させて来ましたが、運の悪い事に、富岡八幡宮の祭礼に多くの人が集まり、その重みに耐えられず、最初の橋は落橋してしまいました。

その後、すぐ木製で架け替えられたようですが、傷みが激しく、明治30年(1897)に、日本初の鋼鉄製の道路橋として、再架橋されました。

橋底に木材を多用していた為に、関東大震災で焼失、多くの犠牲者を出したそうです。

Photo_4

明治期の「永代橋」 (京橋図書館資料より)

震災復興事業の第1号として、大正15年(1926)に現在の橋が架橋され、現在に至っております。

20139_no3_011

永代橋の下を「屋形船」が行く。


永代橋のすぐ下流には地下鉄、東西線のトンネルが通っていますが、これはまず最初に陸上で壁に当たる「ハコ」部分を組み立て、埋めてから繋いでトンネルを作ったそうです。

Photo

地下鉄東西線の、潜函工事 (土木学会資料より)


箱部分と陸部分の境界には、緊急時の水の浸水を防ぐ、分厚いシャッターが取り付けられているそうです。(どんな形かは分かりませんが)

補修を繰り返しながらおよそ、90年近く経っている「永代橋」ですが、平成19年(2007)に国の重要文化財に清洲橋、勝鬨橋と共に指定されたそうです。

3つの橋は、姿が良いですね。

« 「秋の七草」と、のれんの「衣替え} | トップページ | 明石町 「中央保健所」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「永代橋」 (えいたいばし):

« 「秋の七草」と、のれんの「衣替え} | トップページ | 明石町 「中央保健所」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30