リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 明石町 「中央保健所」 | トップページ | 「昭和通り」 »

2013年9月30日 (月)

「東京高速道路」

「首都高速道路」ではありません。数寄屋橋の上を走っている道路の事です。

「ギンザ9」や「GINZA INZ」,「西銀座デパート」などの上を走っていて、この区間は無料区間になっています。

1410

右が「東京高速道路」。スクランブル交差点は数寄屋橋。

戦後の交通量の増加と共に、一般道は飽和状態になり、財界人23名が発起人となり、株式会社を作って、川を埋め立て、高速道路を作ったそうですが、道路下の店舗の家賃収入を運営費に充てた、当時としてはユニークな施設でした。

ただ、ここは一般自動車道扱いで、本来の意味での「高速道路」ではありません。

35

昭和35年(1960)完成直後の「東京高速道路」

(京橋図書館資料より)

しかし、川を埋め立てた時に住居表示を確定しなかった事もあり、今でもここは郵便物の集配などには、店舗の出入り口向かいの地番に「○○番地”先”」と表示しなければなりません。

また区境と言うこともあり、納税や、国勢調査などの時には、話題になったりします。

M000672001

部分共用時代。  (京橋図書館資料より) 

小学校に上がる前、父が車で新橋の入り口から入り、途中で車を止めて、ボンネットを開けて、故障車の様に見せかけて、黄色い山手線や、特急「こだま」などを見ていました。新幹線が開通してもよく連れて行かれました。

無料と言う事で、同じ様な事が思い出の方もいらっしゃるでしょう。

S42

数寄屋橋交差点上 (中央区フォトギャラリーより)


ウチの子供が小さい頃に、同じ事をやってみましたが、交通量が多くて昔の様には行きませんでした。

いま、汐留方向は、環状2号線の工事で、新橋ICから先が工事中です。

どのように出来上がるのでしょう。

この道路は、たった2kmしかありませんが、今でもバイパス道路としての役割は充分に果たしています。

阪神大震災の後に補強工事を行なったそうですが、もう、50年以上経っていると思うと、やはりここにも更新の時期は来ているのかな?とも思います。

ただ、銀座を信号無しで迂回できるのですから、便利のひとことです。

知る人ぞ知る、「東京高速道路」です。

 

« 明石町 「中央保健所」 | トップページ | 「昭和通り」 »

銀座あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「東京高速道路」:

« 明石町 「中央保健所」 | トップページ | 「昭和通り」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30