リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 全国にもある 「築地小学校」と「築地」 | トップページ | 隅田川の「遊覧船」 »

2013年9月 4日 (水)

「三原小路」 ”みはらこうじ”

銀座5丁目の三原橋のすぐそばに「三原小路」があります。

201389_049

銀座コア側から見た「三原小路」

周辺の再開発と共に町の姿が変わってしまいましたが、ここには「昭和の香り」がいまだに感じられます。

数軒の飲食店と「あづま稲荷」がこの横町にあります。

201389_053

石畳に打ち水がしてあり、銀座では無いようです。

201389_041

あづま稲荷は、戦後この三原小路に火災が多発し、町内の人たちが昔の事を色々と調べたところ、ここにかつて稲荷社が祀られていた事がわかり、京都の伏見稲荷に勧進し、その「御霊」をいただいてここにお祀りしました。

すると、火事も起きなくなり、火防、盗難守護の霊験あらたかな稲荷社として今に至っているそうです。

三原橋側には

201389_065

こんなビルが建っています。

下に目をやると

201389_064_3

昭和の名残りを感じさせる看板に「灯」がはいります。

この北隣の小路は、もっとディープな感じです。

201389_069

数軒の店が営業中です。道が少しクランクになっています。

201389_073

晴海通りから南側にたった1本入った所に「千と千尋の、、、」のような光景がありました。紛れもない、ここは銀座5丁目です。

201389_079

長屋造りになっていて、奥は袋小路になっています。

小生が何より一番気に入ったのは、、

201389_081_2

壁にくくり付けられた高さ20センチくらいの木製の鳥居です。

3つ上の写真の看板左下に小さく写っているのが、この鳥居です。

小生と同世代以上の方にはお馴染みの、酔っぱらい用の「小便除け」の「おまじない」です。

この小さな空間に「ぎっしり」と、古き良きモダンでは無い方の、下町だった「銀座」が詰め込まれているような気がしました。

1957_2

昭和32年(1957) 三原小路の朝の風景

            (京橋図書館資料より)

子供達がここの横町で、缶蹴りや、鬼ごっこをしていたら、そのまま「昭和のシチュエーション」になります。

懐かしさが”いっぱい”と、チョット怪しさが感じられる「三原小路」です。

« 全国にもある 「築地小学校」と「築地」 | トップページ | 隅田川の「遊覧船」 »

銀座あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「三原小路」 ”みはらこうじ”:

« 全国にもある 「築地小学校」と「築地」 | トップページ | 隅田川の「遊覧船」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30