リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「金春通り」 こんぱるどおり | トップページ | 「烏森神社」 »

2013年8月10日 (土)

新橋駅前のSL 「C11 292」

新橋駅前にSL、C11 292が保存展示されています。

201308_no2_033


この蒸気機関車が新橋に来てから、もう40年近くになります。

日本の「鉄道100年」を記念して、「汽笛一声新橋を♪」の鉄道唱歌でお馴染みの「新橋」に保存される事になったそうです。(鉄道開業当時の新橋駅は、今の汐留ですが)

この機関車 C11 292 の車歴概略は、戦時中の昭和20年(1945)2月 日本車輛で製造され、廃車になるまで他区に移動する事も無く、姫路第一機関区の配置で現役時代を過ごしたそうです。

ですから、東京とは無縁の機関車です。

201308_no2_042

本来の「鉄道発祥の地”新橋駅”」は後ろに見える「日テレタワー」の奥。

戦争中の製造だった為に、物資が不足していて、煙突の後ろの四角い2つの箱の様なドームは、お椀を逆さまにしたような形のものが付くのですが、簡略化されています。

”鉄道100年”、昭和47年(1972)10月14日は、汐留貨物駅から、SL C57が牽く記念列車も運転されました。

小生も見に行き、記念パンフレットをもらって来ました。

C11 292もその「鉄道記念日」に合わせる為に、8月に姫路から品川へ回送され、翌月に汐留駅で分解され、新橋駅西口で再び組み立てられて、保存展示されるようになりました。

201308_no2_038

汐留には開業当時と同じ場所に駅舎が復元されています。「0哩(ゼロマイル)標識」も設置されています。

今ではこの機関車周辺が「SL広場」として待ち合わせ場所にもなっていますが、地元の人たちの手入れが良いのか? いつも綺麗になっています。

201308_no2_047

サイドのナンバープレート

201308_no2_051_2

このあたりの風景は、変わって行くスピードが物凄く早いので、ミスマッチな感じもしますが、これからも長く綺麗に保存されて欲しいものです。

« 「金春通り」 こんぱるどおり | トップページ | 「烏森神社」 »

新橋あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新橋駅前のSL 「C11 292」:

« 「金春通り」 こんぱるどおり | トップページ | 「烏森神社」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30